夕張メロン

夕張メロンの誕生は、北海道夕張市で
昭和35年(1960)に夕張メロン組合が出来て
雄「スパイシー・カンタロープ」 雌「アールス・フェボリット」
の交配により翌年、昭和36年(1961)に
夕張キング」として誕生し高い評価を受ける。

マスクメロン、赤肉メロンのキング系メロンです。
特秀品 昭和40年代には、品質の良さと
夕張市農業協同組合 夕張メロン組合 生産者農家 販売関係者等の
成果も実り現在も高級メロンとして全国的に大ヒット。
5月の初競り価格2玉で、80万(2006年) 200万(2007年)

生産者農家(組合員)も年々減り平成18年で154名
総生産量約5,000トン 総生産額約30億円

品質もJA農協を始め種・苗から出荷まで一斉管理、
競撰検査員の選別で等級分類されています。
特秀・秀・優・良の共撰と生産者の個撰で厳しく品質保証され
夕張メロンは、味・知名度・高級感・価格等で
市場関係者からも他のメロンとは別格扱いされております。

収穫時期は、5月中頃から8月末頃まで(天候による)
大きさは共撰で1玉1キロから2キロ基準。
大箱で4玉から8玉入りの8キロ箱。

「夕張メロン」のシールやマークで登録商標の
ブランド化も進み、偽表記や農家直売も出来ません。

夕張メロンの特徴
他のメロンと違い、非常に柔らかくジューシーです。
品種的にも、完熟直前の収穫、熟成が早い等の理由です。
柔らかすぎて他のメロンを食べ慣れている方からは、
「腐っている?」との問合せもありますが、
食べた後に「とても美味しかった」との謝罪の連絡もあるほどです。
時期や個体にもよりますが収穫後3日から6日程で完熟。

平均すると他のメロンよりも形や色、網目等の外見は、
良くないのですし(特秀・秀は外見も良い)
糖度も10度から13度程度で決して高くはありませんが、
果肉と味のバランスや食感が良いのです。  更新:2007

2008年11月04日

夕張長いも 2008 冬

北海道では初雪が降りました。秋の収穫も落ち着きはじめ、
じゃがいもの出荷発送も順調です。

夕張長いも

長いもと言えば北海道では川西や大正の十勝産が有名で最近ではアジアへの輸出も多いようですが、
夕張では夕張メロンに次ぐ人気ブランドの夕張長いもがあります。
秋の収穫から冬場の越冬長いも、粘り強いのが特徴で
健康ブームも手伝ってか非常に人気があり
夕張産は、高級品として流通しお歳暮ギフトやリピーターも多いのです。
夕張長いも

夕張ながいも特徴
他のながいもに比べて餅のように
粘りが非常に強いのです。
コクがあって本来の野菜の味が
凝縮されているのが夕張長芋です。


5kg、10kg、大、中、小、平型、訳あり品(キズモノ)などもあります。

ご家族で お歳暮ギフトで 北海道夕張直送

夕張長いも 長芋
 www.kitano2.com/nagaimo.html

posted by メロン at 13:00| Comment(0) | 夕張長いも 長芋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]