夕張メロン

夕張メロンの誕生は、北海道夕張市で
昭和35年(1960)に夕張メロン組合が出来て
雄「スパイシー・カンタロープ」 雌「アールス・フェボリット」
の交配により翌年、昭和36年(1961)に
夕張キング」として誕生し高い評価を受ける。

マスクメロン、赤肉メロンのキング系メロンです。
特秀品 昭和40年代には、品質の良さと
夕張市農業協同組合 夕張メロン組合 生産者農家 販売関係者等の
成果も実り現在も高級メロンとして全国的に大ヒット。
5月の初競り価格2玉で、80万(2006年) 200万(2007年)

生産者農家(組合員)も年々減り平成18年で154名
総生産量約5,000トン 総生産額約30億円

品質もJA農協を始め種・苗から出荷まで一斉管理、
競撰検査員の選別で等級分類されています。
特秀・秀・優・良の共撰と生産者の個撰で厳しく品質保証され
夕張メロンは、味・知名度・高級感・価格等で
市場関係者からも他のメロンとは別格扱いされております。

収穫時期は、5月中頃から8月末頃まで(天候による)
大きさは共撰で1玉1キロから2キロ基準。
大箱で4玉から8玉入りの8キロ箱。

「夕張メロン」のシールやマークで登録商標の
ブランド化も進み、偽表記や農家直売も出来ません。

夕張メロンの特徴
他のメロンと違い、非常に柔らかくジューシーです。
品種的にも、完熟直前の収穫、熟成が早い等の理由です。
柔らかすぎて他のメロンを食べ慣れている方からは、
「腐っている?」との問合せもありますが、
食べた後に「とても美味しかった」との謝罪の連絡もあるほどです。
時期や個体にもよりますが収穫後3日から6日程で完熟。

平均すると他のメロンよりも形や色、網目等の外見は、
良くないのですし(特秀・秀は外見も良い)
糖度も10度から13度程度で決して高くはありませんが、
果肉と味のバランスや食感が良いのです。  更新:2007

2010年02月02日

メロンの種まき

1月末から夕張メロンの種まき(種付け)が始まりました。
5月中旬以降から8月のお盆頃までに出荷する分を順に種植えします。
夕張メロンの苗
種は、夕張キング(夕張メロン)の品種のみを農協の金庫で大事に保管し
夕張メロン栽培農家の組合員しか入手できない決まりなのです。

単に植えれば育つ訳ではなく、
北海道の寒い冬の間でも暖かくして芽が出やすい環境にしたり
芽が伸びれば接ぎ木するなど一苗一苗丁寧な手作業で、
春になってもハウスで暖房を利用したり害虫や病気にも気を配り、
受粉させたり土台にのせたり位置を変えたりしてやっと出荷されます。
そんな苦労も美味しさの元になるようで、
農協も各農家さんも研究や努力・情熱を惜しまないのです。

夕張メロンも今年で半世紀を迎えます。
posted by メロン at 09:49| 夕張メロン 1〜